東川口陶芸教室ブログ

二重高台

平皿のように底の平らな作品に施すことが多い『二重高台』

Sさん、初めての28㎝の平皿で挑戦☆。

洗面器をしった代わりにしています。

 

柔らかすぎる再生土はこの形

みなさん、削りかすなどをためて土を再生する時に石膏板にのせるほどドロドロではなく、練るには柔らかすぎる時はこの形です。

土を紐状にしてアーチを作り、空気にさらします。

意外と早く練る事ができますよ!

 

M.S

シャレていて涼しげ

Nさんのこの作品、薬味と付けダレ用にいいですね!

シャレてるし涼しげだしかわいいですね!

 

M.S

どこ持つか

Yさん、急須の釉掛けhappy01

模様が彫ってあって、さらに釉薬で絵付けしてあるので…

持つところ決めるのに一苦労coldsweats01

無事に一発で掛かりましたgood きれいに焼けますようにcatface

そろいのお皿

Sさんの還元作品。

そろいの取り皿が完成しました!

全部で15枚ほど。今からの季節にぴったりの涼しげなお皿です。

口元に弁柄、砧青磁+土灰貫入

流れやすいので要注意☆

 

松村

型抜きのお花がきれいに出ました!

   

これはKさんの作品です。

半磁で作り、まず透明釉をかけ、その上に花の型紙を置いて呉須釉を吹き付けました。

型紙をおせえる人と吹き付ける人の二人ががりでやった甲斐あってきれいに仕上がりました!

外側のお花もにくいですねえ。

 

M.S

クールな花瓶