2016年2月

素焼きの棚

素焼きの棚



素焼きの棚には釉薬を早くかけてー、と作品達が首を長〜くして待っています。あらあらお雛様は今年はもう間に合いそうもないですね。

M.S

posted by KetaiPost

五角形の小皿

五角形の小皿
五角形の小皿
 

Gさんの小皿がたくさん出来上がってきました。
五角形はそのまま無地だと安定感を感じさせないのだけど、そこに絵柄を入れると何故か落ち着くのだと作者のGさんが言われていました。

色とりどりのお野菜の絵付けは下絵の具と釉薬をうまく使い分けていらっしゃいます。









EK



 

posted by KetaiPost

一輪挿し

一輪挿し



Yさんは、最近一輪挿しにはまっています。電動ろくろでお箸が1本入るか入らないかくらいの太さで、首を上へ上へと上げていきます。赤土に、中は黒マット、外は気分で色々な釉薬を吹きつけています。いい感じですね‼︎

M.S

posted by KetaiPost

紅志野釉で長皿

紅志野釉で長皿
紅志野釉で長皿
紅志野釉で長皿
 

入会されて間もないOさん、赤土に紅志野釉を掛けて長皿を作られました。
薄く掛かったとことそうでないところの掛けムラが紅志野釉は出やすいのですが、バランス良く表情が出てステキな作品に仕上がっていますね!



他にもステキな作品が一緒に仕上がっていました。


白化粧に黄瀬戸を掛けられたこの花入も存在感を発揮していました!!




K
iPhoneから送信

posted by KetaiPost

底冷え

昨日はお休みでしたので、窯場は寒いです。

エアコン点けましたが、なかなか暖まりません。

素焼きの窯(90℃)でしばらく暖を取りました。

今から窯出し、作品はまだホカホカです。

シリーズお相撲さん

シリーズお相撲さん

今週出来上がったお相撲さんがお家でくつろいでいる写真をYさんが送ってくださいました。
イキイキピチピチのお相撲さん達、集まって何を話しているんだろう??




E.K

posted by KetaiPost

お雛様

お雛様
 



東川口の教室には、各カルチャー教室の方々も、釉薬を掛けに来られます。
このお雛様は、その中のお一方の作品です。
温もりのある優しさがかんじられますね。

J

posted by KetaiPost

陶器のブローチ作り

Fさんの作品。
とっても心がこもっていてお孫さん達の宝物になること間違いなし!!

下絵の具を塗るとき
乾いては塗ってを三回繰り返し、
透明釉に浸し、更に同じ透明釉を吹き付けてもらいました。
これで発色の良いツヤのある作品になります。


E. K






 

posted by KetaiPost

和紙染め

和紙染め
和紙染め
和紙染め
 

Gさんがいつものように和紙染めをされています。
そこだけが静かで穏やかな時間が流れているようです。


  E.K

地震は怖い

何時だって地震は怖いですが、窯焚き中でのタイミングで来ると

普段以上に緊張します。

今日、この辺りは小さい揺れでしたのでどうと言う事はありませんが、

一応覗いてみました(1000℃)・・・大丈夫です。

大地震のときは3時間前まで焚いていました、 窯出しの時に

背の高い作品が倒れて隣に寄りかかっていた事を思い出します。

 

1  2
ページトップに戻る