2017年4月

大崎透さんの作品

今日は5月19日から21日まで埼玉会館展示室で開催する陶芸教室の30回目の作品展のために大崎透さんのお宅まで行ってきました。
今から27年くらい前、まだ南浦和駅西口に教室があったころの生徒さんで、その後瀬戸でキャリアを積んだ後、笠間で独立しました。
今では全国に根強いファンがいる笠間の人気作家で、「陶の動物園」の名で各地で展示会を開いたり、一時銀座のデパートにご自身のコーナーを持ったりしていました。
笠間のどこかでは必ず販売されているので、笠間に行く機会があったら是非見てください。

穴窯焼成の時は、必ず差し入れに来てくださっていました。


写真は今回の作品展に展示する作品の一部です。

 

自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。
自動代替テキストはありません。

土鍋たち

土鍋、陶板焼き、グラタン皿たち、あつまりました。

来週の窯詰め待ちです。

 

 

記:むらこし

タタラのお皿

タタラのお皿
 

Nさんのタタラのお皿、土は特赤1、並こし赤1、黒泥 0.5を混ぜ、トルコの顔料を入れた化粧土を筆に含ませ、上から下に筆を降り下ろす、筆さばきは勢いがあり見事です。
そして花模様の印を押して、素焼き
鮫肌の釉薬をかけ還元で焼き上げ、バランスのとれた作品が出来上がってステキ
美味しい物がのります。

記:nakazawa

G.Wの今日休み

G.Wの今日休み

4月29日(土)
5月3日(水)~5日(金)
教室休みです。

 30周年記念 作品展あります❗
多くの皆さまに参加をお願いしています。是非 ご参加 宜しくお願いします◆

posted by KetaiPost

鉢と花

スタッフの先生がお花を持ってきてくれました。突抜忍冬(つきぬけにんどう)

という名前の花だそうです。堪え忍んだ冬を突き抜けて植物は芽を出し、

綺麗な花を咲かせるのですね。鉢は会員さんの作品です。

ぜひ、焼き物で素敵な鉢を作ってみてください!

初夏のようです

嵐のような雨のあと、教室の庭の若葉も青々と芽が出てきました。

気温も上昇、今日は26℃に上がり、教室の皆さんも薄着で

過ごしています。そろそろ窯の側が暑くなる季節がきたようです。

 

記:n

釉薬掛け

一日体験作品の釉薬掛けをしました(7人分)。

初めての陶芸体験です。という方が多いので気を遣います。

「ひとつめの作品」は特に大切な気がしますから。

キレイに焼けますように。

 

記:むらこし

教室紹介

今日はとても暖かく、いよいよ春本番でしょうか♪

さて先日に続き、改めて教室の紹介をさせていただきます。

東川口陶芸教室は、けやき通りから1本奥の住宅街の中にあります。東川口駅から徒歩8分のアクセス(駐車場4台)で、こんな所に教室があるの?という感じです。

会員さんが、教室の周りにお花を植えてくれています。

たくさんのチューリップがありましたが、最後の一輪になってました。

 

のんびりとした時間の流れる空間です!

               記  abe

新生活のスタート

今日は小学校の入学式だったようで、ここに来る前にピッカピカの一年生の親子連れとすれ違いました。

近くを流れる伝右川の桜も「花いかだ」となりましたが、まだ咲き誇っています。お天気に恵まれた素敵なスタートでしたね☆

 

皆さまも新生活のスタートです。   陶芸を始めたい方、お待ちしております☆

 

                                                   いしだ 記

1
ページトップに戻る