2020年11月

やさしい器たち

ポット

Yさんの作品。

とってもデザイン性の高いポットです。

シャープなイメージで施釉されるのかと思いきや(勝手な憶測でした)

ほんわか心温まる絵付けをされて仕上げをされました。

愛犬への

予想通り、皿鉢一体型?!

Sさんの予想が当たりました!

IMG_0018.jpg IMG_0019.jpg

青銅マットは流れやすいので、わざと皿と重ねて焼いてみたら見事にくっつきましたね!

IMG_0020.jpg

皿と別々に焼いたものは流れてドロドロです。

色はきれいに出ましたね!

 

М.S

辰砂+わら白

Iさんの作品です。

IMG_0016.jpg

部分的に辰砂をかけ、その上全体にわら白をかけて還元焼成しました。

辰砂の赤がきれいに出ましたね!

 

М.S

ダブル酸化窯

本日はガス窯・酸化焼成『1250℃の図』

16064262283500.jpg

奥のほうに、Mさんのポットの丸い手が見えますhappy01

今から電気窯の本焼きも詰めます。窯出しは同じタイミングですconfident

 

記:むらこし

イメージ通り!!

Aさんの最新作

20201126113238_p.jpg

中は乳白、外は紅志野

マスキングテープを使って色と質感を変えたことで、

外の模様がグッと引き立っています。

20201126112834_p.jpg

逆さにするとこんな感じ

シリーズ化してほしいなー。

 

松村

切紙と赤化粧

Мさんが家で息子さんと切り紙で遊んだ時のものを使って赤化粧した作品です。

IMG_0014.jpg IMG_0015.jpg

少し薄めの赤化粧ですが、雰囲気があっていい感じです。

写真より実際はいい色味が出ています。

 

М.S

大きな花瓶

16061943111010.jpg

大きな花瓶を制作中のWさん。作る前に同じ小型の花瓶を作り、仕上がりを確認済みです。(^^)/

よく、焼きあがるとどうなるのかと聞かれますが、土やその人の釉薬のかけ方、いろん要素が合わさって

焼き上がりが変わるのが焼き物なので、大型や思い入れのある作品を作る時は一度試作品を作ってみてください。

仕上がりが予測できますよ。完成作品楽しみです。(^^♪

 

 

フレンチブルとブルドッグ

Gさんのワンちゃんシリーズです。

IMG_4584.jpg IMG_4585.jpg

ブルちゃんたちの肌の柔らかさや温かさが伝わってきますね。

可愛いですね!

 

М.S

来週はガスと電気の酸化焼成

IMG_0010.jpg  IMG_0011.jpg

窯には一昨日と昨日焚いた還元の作品がまだ入っているのに、酸化の棚はすでに混みあっています。

おそらくガス窯に入りきらないし、季節がら土鍋の作品が多いので、来週はガスの酸化と電気の酸化を焚くことになりそうです。

酸化の作品の釉がけをまだしていない人はまだ間に合いますので、土日でやりましょう!

というのは、23日月曜日は祝日でお休みです!!

 

М.S

 

思いがけず暑い

本日は還元窯。これは『1100℃の図』happy01

16058326704631.jpg

もう11月後半なので、夜中の窯番は寒かろう…と思いきや

Tシャツ・短パンでいても、汗ばんでしまったcoldsweats01

なんか悔しいですが…今(朝10:00)クーラーを点けましたbearing

 

記:むらこし

1  2  3
ページトップに戻る