2022年8月

ちょっと見怖い!

これは何でしょう?

IMG_1501.jpg

名前は知りませんが、ある花の開花直前の様子です。

開けばきっとキレイなのでしょう。

でも世の中、キレイと怖いは紙一重ですね!

 

 

М.S

本日より開催☆

浦和コルソの1階通路にてイベント開催中

本日~9/1(木)まで

PSX_20220829_110151.jpg

PSX_20220829_130929.jpg

大物作品はエスカレーター横です

皆様お誘いあわせの上、どうぞお越しください!

 

松村

 

イベント(と窯焚き)のお知らせ

明日8月29日(月)から9月1日(木)までの4日間、

浦和コルソの1階通路で、陶芸作品の展示と陶芸体験イベントを行います。

どうぞみなさま、お誘いあわせの上お越しください。


 

還元と酸化、作品の集まり具合がいい勝負ですmotorsports

締め切りは9/5(月)、そこでより多く揃った方を先に焚きますcoldsweats01

2022828143117.jpg

で、注意なんですが…後になった窯も

9/5㈪までに掛け終わってる作品を優先します。

なので、特に大物やセット物はそれまでに仕上げておいてくださいcatface

 

記:むらこし

陶器のバイオリン

これはポルトガルのリスボンの国立古美術館にある、陶器のバイオリンです。

IMG_1495.jpg

1710年に作られたものだそうです。

このころのヨーロッパは、中国の染付けの磁器にあこがれ、赤い土に白い釉薬をかけて、釉薬の上にコバルトで絵を描いていました。

他国のものへの強いあこがれは、また別のすばらしい文化を生むのですね!

 

 

М.S

七の7

体験教室の釉薬掛け…ついてない日smile

16614950081430.jpg

七個の作品で、7種類の色。形もバラバラでしたcoldsweats01

キレイに焼けますようにcatface

 

記:むらこし

淡い色

こちらはGさんの作品です。

IMG_1478.jpg

IMG_1479.jpg

いつものフレンチブルが花を一輪つかんでいます。

下絵具を薄く塗って、白マットをかけることで、淡いトーンになりました。

 

 

М.S

いつもギリギリ

千葉の佐倉市にあるDIC川村記念美術館に

久しぶりに行ってきました。

自然豊かなステキな空間にある美術館で、

併設のレストランもおすすめです。

20220811141647_p.jpg

20220822163129_p.jpg

「カラーフィールド 色の海を泳ぐ」 9 / 4 (日)まで

久しぶりに良い展示を見ることが出来ました!

 

春から楽しみにしていたのに、、

今回も会期ギリギリ、何故でしょう(笑)

 

松村

 

 

 

 

 

お孫さんのお茶碗

Sさんの作品です。

IMG_1466.jpg

IMG_1467.jpg

お茶碗の内側と外側にボールをける少年が描かれています。

陶芸用の下絵具鉛筆で描くことで、素朴な感じになりました。

 

М.S

大文字と花火

こちらはKさんの作品です。

IMG_1468.jpg

IMG_1469.jpg

IMG_1471.jpg

Kさん得意のルリで描き、土灰貫入をかけました。

雰囲気が出ていますね!

 

 

М.S

背中に花でもさしましょうか?

こちらはGさんの作品です。

IMG_1474.jpg

IMG_1475.jpg

フレンチブルの背中に花を挿したらはなをしょってるように見えるかな?

右後ろ足がセクシーですね!

 

 

М.S

1  2
ページトップに戻る