東川口陶芸教室ブログ

パイナップルの鍋敷きと箸置き

Mさんの作品です。

鮮やかな黄色が出したくて釉薬や下絵の具で試して、たどり着いたのが下絵の具でした。

食卓が楽しくなりそうです!

 

M.S

3色ずらし重ねがけ

Sさんのお皿セットです。

 

黒泥で作り、ワラ白、乳白、均窯をずらして重ねがけして、酸化焼成しました。

涼やかで、いい色がでましたね!

 

M.S

二重胴の湯呑み

S さんが『二重の器』成功しましたhappy01

後ろから見ると…こんな感じcatface

内側はこう。キレイですねwinkしかも軽いgood

使いやすいのかなぁ?…とかは置いといて、

ロクロ挽きの正確さ、各工程の手際の良さを測るのに

持ってこいの課題ですねsmile

赤絵の蓋物

Aさんの赤絵の蓋物

今回は鮫肌を薄めにかけてみました。(濃いと縮れますので要注意☆)

透明釉を掛けた時より、しっとり品のある赤絵に仕上がりました!

和柄がステキです☆

 

松村

 

 

 

 

黒釉+白萩

最近Kさんは黒釉と白萩の重ねがけにはまっています。

 

黒釉のかけかたと白萩のかけかたによって、さまざまな雰囲気になりますね!

 

M.S

酸化ガス窯出し